• 借入比較.com

専業主婦でも借り入れできる?収入がないのに契約できるの?

カードローンは他のローン商品と比較すると、比較的楽に契約申し込みができるローンとして有名ですし、契約時に提出しなければならない書類が少なかったり、審査スピードが非常に早かったりなど、比較的契約しやすいローンとして有名になっていると言っても過言ではありません。

一方でカードローンは、誰もが契約できるというわけではなく、申込者本人安定した収入があるということが、ほぼ例外なく前提条件となっています。

申込者本人に安定した収入がないケースが多い専業主婦の場合、果たしてカードローン契約はできるのでしょうか。

 

銀行系カードローンならば契約は可能!

白いシャツの女性

 

次に銀行系カードローンの場合はどうなっているのかについて、解説を行っていきます。

先に結論を述べますと、幾つかの大手銀行やネット銀行が取り扱っているカードローンであれば、専業主婦でも契約は可能となっています。

 

なぜノンバンク系カードローンは契約できないのに、銀行系カードローンは契約可能なのかというと、銀行系カードローンは総量規制対象外のカードローンとなっているからです。

銀行系カードローンは、貸金業法とは関係ない、銀行法がベースのローン商品となっています。

そのため、各金融機関が「融資可」と判断すれば、年収の三分の一を超える借入も可能となっているのです。

すべての銀行系カードローンに対して、専業主婦の申し込みが可となっているわけではありませんが、メガバンクのカードローンや大手ネット銀行のカードローンなど、お得な貸付条件で契約できる、有名カードローンの多くが、専業主婦の申し込みが可能となっています。

 

但し、専業主婦でも申し込み可となっているカードローンでは、「配偶者に安定した収入があること」という条件が付帯していることが一般的です。

従って、自身が専業主婦で安定した収入がなく、また配偶者も無職等で安定した収入がない場合には、契約申し込みは不可であることをよく覚えておきましょう。

 

まとめ

 

専業主婦がカードローン申し込みをする場合、ノンバンク系カードローンは総量規制のために契約がとてもむずかしくなっている一方で、銀行系カードローンであれば、申込可能となっているケースは決して少なくありません。

もしも専業主婦でカードローンを契約したい、とお考えであれば、ノンバンク系カードローンは除外し、銀行系カードローンの中から自身の生活に合った商品探しをすることをおすすめします。







同じカテゴリーの最新の記事



プロミス